筋肉図(腰部)大臀筋



お尻の部分をカバーしている筋肉。座っていたり、しゃがんだ状態から、立ち上がったり、
ジャンプする動作や脚を後方に蹴る際に重要とされる筋肉。
下半身を土台として腰から上の骨格が前に傾き過ぎないように支えたり、
お尻の辺りの筋肉の他の組織の位置を正常な位置に保つという役割も果たしています。
また腰と下半身を繋ぐ要の筋肉の一つであり、腸腰筋とのバランスが重要とされています。
筋力が弱まったりして、腸腰筋とのバランスが崩れると歩く時や立った時の姿勢が崩れはじめます。
筋肉図 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

筋肉図(腰部)梨状筋



仙骨と大腿骨を繋いでいる筋肉。脚を前方に出す際に、この筋肉が収縮。
このことによって脚を身体に対してまっすぐに出せるようにします。
梨状筋に疲れが溜まり、緊張が高くなるとお尻に痛みが発生する場合があります。
その場合、坐骨神経が圧迫されている可能性もあり、脚などにも影響が出てきます。
また長時間、拘縮(こうしゅく)している場合、仙骨にも影響が出てしまい、
仙骨がずれてしまう原因にもなります。
筋肉図 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

筋肉図(腰部)中臀筋



脚のつけ根から、腰にかけての両側にあり、骨盤と股関節を結び、
股関節を外転(脚を左右にあげる)させる働きがあります。
大・中臀筋が緩みすぎると筋肉が横に広がってしまいます。

キュっとしたお尻にするには大・中臀筋を鍛えることが重要です。
中臀筋の強さを確かめるには片足立ちをして、グラついたり、倒れてしまう事で確かめることが出来ます。
筋肉図 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -

筋肉図(腰部)大腰筋


上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉で背骨や骨盤を支えたり、
太ももを上げるとても重要な筋肉。
体の外側から触ることの出来ない筋肉(インナーマッスル)です。

大腰筋が衰えると骨盤が前、もしくは後ろに傾いてしまったり、
正しい姿勢がキープ出来なくなってしまいます。
そうなると腹筋や背筋も弱まり、お腹がたるんだり、内臓が下垂して下腹部が出てきたり、
更には交感神経の働きが低下し、太りやすい体になってしまいます。
筋肉図 | permalink | - | trackbacks(0) | - | -